Gラインについて

平成17年10月20日、都市ガス、LPガス、簡易ガスの各業界の中央団体、(社)日本ガス協会、(社)日本LPガス団体協議会、(社)日本簡易ガス協会が、「日本ガス体エネルギー普及促進協議会」(別称 コラボ)を設立いたしました。
エネルギーを取り巻く情勢が大きく変化する中で、ガス体エネルギーが今後とも国の基幹エネルギーとしての役割、責任を果たしていくためには、業界の枠を超えて、より大局的な見地に立って政策提言や情報の発信などに取り組むことが必要であると考え、設立したものでございます。

コラボの主な活動内容は、(1)高効率ガス給湯器の普及拡大、(2)安全ガスコンロの普及拡大、(3)ガスの上手な使い方や省エネ情報の提供、(4)地震等緊急時の連携協力を行うこととなっております。

石川・富山・福井においても、各県での活動を推進してきていましたが、平成21年10月1日、北陸ガス体エネルギー普及促進協議会(通称:Gライン北陸)を発足。
富山、石川、福井の三県が協力体制を強化し安全性、快適性、環境性、将来性などガスの多様な魅力を共同で発信し、エネルギーのベストミックスを提案することでお客様のガス認知度を高め、普及促進を図ることを趣旨に設立されました。

平成23年4月からは、Gラインとやまや、Gライン石川、Gライン福井、また、Gライン北陸といった呼び名の分け隔てを取り払い、「Gライン」の名称で統一し、オリジナルキャラクターも「とろ火ちゃん」を統一採用。
北陸の皆様へ幅広い情報を効率的にお伝えできるよう、体制整備と強化を目指してきたいと思います。