モニターレポート

土鍋で炊くうすいえんどうご飯のレシピ★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のワタリです。
今回は野々市市にお住いの菊地さんのレポートです。

菊地さんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いします。

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.土鍋で炊き込みご飯を作りました。ガスコンロにしたかった1番の理由、美味しいご飯を土鍋で炊きたかったからです。電気炊飯器では「かに穴」という炊き上がりのときにご飯の表面にできる美味しさの印、小さな穴がでません。また、お焦げもできません。土鍋もこだわりのものが欲しかったのですが、そうなるとIHコンロ対応のものはないのです。土鍋でご飯を炊くと、炊き上がり時に出る余分な水分を土鍋が吸収してくれ、ふっくら炊き上がるんですよ。我が家には歯の生えかわり中の子どもがいるため、その都度調子を見てご飯の水加減をかえていて、今は少しやわらかく炊いてます。ガスコンロで炊くご飯は、土鍋のご飯は電気炊飯器と比べられないほど美味しいですので、子どもも大喜びです。新ショウガの季節には、ショウガご飯を、鯛の季節には鯛飯を楽しみたいと思っています。

Q.このお料理を作るにあたって役立った機能はありましたか?

A.ガスコンロは3口あり、今回は真ん中奥のところを使用しました。ガスコンロに自動炊飯機能がありますが、玄米を使ったので今回は自分で調整しました。真ん中奥を使用したのは、極弱火の火力にできるからです。また、玄米を土鍋で炊くときは55分と長時間です。手前2つのコンロでは、自動火力調整という設定がついていて、それが働き適当な火力にはならないためです。電化製品を少しずつ減らし、まずは炊飯器とレンジをなくしました。土鍋のご飯は最高です。ほかにも鉄の鍋も買ったので、これでご飯を炊くのが楽しみです。

土鍋で炊くうすいえんどうご飯

170421_01

▼材料(作りやすい分量)
うすいえんどう…1つかみ
玄米…3合
水…玄米の量の1.5倍
塩…小さじ1

▼作り方
1)8時間浸水した玄米を土鍋に入れ水を加え、ガスコンロの中火で火にかける。
2)沸騰してきたら塩を加え、内フタ、外フタをして火を1番小さくして55分加熱する。
3)濃いめの塩を入れた水(分量外)を沸騰させうすいえんどうをさっと茹でる。
4)冷水冷たい水でさっと冷やし、サヤから出しておく。
5)(2)のご飯が炊き上がったら、火を一旦止め、再度点火し強火で15秒加熱する。火を止め、(4)の豆を土鍋のふたを開けて入れる。
6)15分程蒸らして完成。

170421_03

170421_02