モニターレポート

炊飯鍋で炊くトウモロコシご飯★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のワタリです。
今回は小松市にお住いの任田さんのレポートです。

任田さんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いします。

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.毎日の暑さでか、娘たちが白ご飯だとふりかけや梅干しがないと食べてくれなくなったので、夏らしく大好きなトウモロコシで炊き込みご飯にしてみました。自然塩を入れることで、トウモロコシの甘みが増し、芯も一緒に入れて炊くことでダシが出ます。思ったよりも娘たちには好評で、真っ先にご飯だけ食べて「おかわり!」と言ってきました。

Q.このお料理を作るにあたって役立った機能はありましたか?

A.今回は炊飯機能を使用しました。専用の炊飯鍋があれば、自動で炊くことができます。ご飯茶碗のマークを押すと「炊飯モード」の表示が出ます。「ごはん」「ごはん(もちもち)」「おかゆ」「専用土鍋」と選ぶことができます。ご飯の量は1~5合まで選べます。お米は2合だったので、ご飯の表示の「2合」に合わせます。あとは、点火するだけです。火加減も自動で調節してくれるので、ガスコンロのアナウンスを待つだけです。ご飯が炊き終わると、「消化しました。蒸らし中です」と音声でアナウンスがあります。10分の蒸らしが終わる15秒前に、「炊飯をまもなく終了します」とアナウンスがあり、終わったら、「ご飯が炊けました」と教えてくれます。蒸らし時間も画面に表示されるので、あと何分で蒸らし終わるかもわかります。設定して点火した後は、勝手にご飯が炊き終わるまで待つだけなので、本当に便利な機能だなと思います。簡単に設定ができるので、夫もすぐにご飯が炊けるようになりました。炊き込みご飯は今回が初めてでしたが、白ご飯と同じ設定の仕方で大丈夫でした。今までは電気炊飯器でご飯を炊いていて、ガス火で炊くご飯に憧れてました。炊飯鍋を使うと簡単にガスコンロでご飯が炊けるということで、試してみたらとっても簡単でした。ご飯の炊きあがりの香りも食欲をそそりますし、炊いてる途中にフタの穴から蒸気や水分が出てきますが、鍋が吹きこぼさない形になっているので拭きこぼしの心配いらずです。

トウモロコシご飯

170824_01

▼材料(4人分)
米…2合
トウモロコシ…1本
自然塩…小さじ1

▼作り方
1)米は洗い、30分浸水させる。
2)トウモロコシの皮をむき、実をほぐす。
3)炊飯鍋に米と水(炊飯鍋の2合のメモリに合わせる)を入れ、トウモロコシの実と芯、自然塩を入れて軽くかき混ぜる。
4)後コンロに炊飯鍋をセットし、ご飯茶碗のマーク(炊飯ボタン)を押し、米の量を2合に設定して点火する。

▼作り方のポイント
炊飯鍋に米、トウモロコシ、自然塩を入れて、炊飯機能を設定して点火するだけでできあがります。

170824_02

170824_03

170824_04

170824_05

170824_06

170824_07