モニターレポート

圧力鍋で作るロールキャベツのレシピ★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のワタリです。
今回は新しくガスコンロモニターに選ばれた津幡町にお住いの中田さんのレポートです。

中田さんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いします。

Q.最新ガスコンロのモニターに応募されたきっかけを教えてください。

A.昔は、ガスコンロは危ないのと掃除が大変なイメージがありました。現在のガスコンロはガラストップできれいですし、センサー機能も充実していると聞きました。実は乾太くん(ガス衣類乾燥機)が欲しくて欲しくて…。それでガスを検討。IHコンロを10年使ってきましたが、火力が強くても煮物などの煮込み料理には不向きな気がします。グリルで焼いた魚もパサパサ。実家での使い慣れたガスコンロで作ったお料理のほうが美味しく感じていました。ガスの導入を迷っていたさなか、知り合いのガス会社の方にこの企画を教えていただき、すごく良いチャンスに巡り合えたぁ~!と思って応募ました。

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.圧力鍋でロールキャベツを作りました。一人一品の持ち寄りのミーティング(女子会)がありまして、リクエストに応じて作りました。普段から旦那と子供達も大好きな1品で、わが家ではよく登場します。うちの母からのレシピでとてもシンプルですが キャベツの甘味がとても感じられる一品です。今回は女子会のため、色どりにミニトマトを。見た目もかわいいです。あさっりだけどうま味がすごく出てとても好評でした。

Q.このお料理を作るにあたって役立った機能はありましたか?

A.今回は、キャベツを茹でる際に湯沸かし機能を使ってみました。火が強くなったり弱くなったり、音声で案内も入りますし、手と目が離せてほかの作業をすることができます。3つのコンロを同時使用でも火力が落ちることがなく、作業が本当に手早くなりました。IHクッキングヒーターを使っていたときとは比べものにならないくらい煮込み料理が美味しいです。野菜がトロトロとはまさにこのこと!子どもたちは「キャベツがめちゃくちゃ甘い」と言っていました。母は「これこれ!この感じに今までならなかった」と煮魚に感動していました。ふっくらみずみずしく煮えます。お料理が楽しいです。

ロールキャベツ

180314_01

▼材料(作りやすい分量)
合いびき肉…750g程
キャベツ…2玉
タマネギ(みじん切り)…1個
卵(溶いておく)…1個
絹ごし豆腐…半丁
ベーコン…1パック
ミニトマト…8個
コンソメ(固形)…2~3個
しょうゆ…小さじ1と1/2杯程
塩・コショウ…少々

▼作り方
1)キャベツは芯をくり抜き、大きめの鍋でしんなりするまで(2~3分)茹で上げ、水気を切って粗熱を取る。
2)ボウルにみじん切りにしたキャベツの芯、タマネギ、合いびき肉、絹ごし豆腐、卵を混ぜ合わせてこねる。塩・コショウで味をととのえる。
3)1枚ずつはがしたキャベツの葉の芯に近い内側部分に(2)のタネをのせ、1個2~3枚で包んでいき、最後にベーコンを巻いて爪楊枝で止める。
4)圧力鍋に(3)を敷きつめて、水1カップ(分量外)、コンソメ2個を入れ、強火で加熱する。圧力鍋の重りが振れたら中火で1分加熱し、火を止めて30分程放置する。
5)フタをあけ水加減を見て、少なければ水(分量外)を加える。ミニトマトとしょうゆを加え、味を見て足りなければコンソメを1個入れ少し煮込んだら完成。

▼作り方のポイント
・キャベツの茹で加減は、さっと色が変わるくらいです。
・ミニトマトはくたくたにならないように注意して煮込んでください。
・しょうゆは隠し味です。味を見て調整してください。
・たくさん作って冷凍しておくと、朝食やもう1品ほしいときに便利です。

180314_02

180314_03

180314_04