モニターレポート

秋鮭の包み焼きのレシピ★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のワタリです。
今回は津幡町にお住いの中田さんのレポートです。

中田さんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いします。

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.新物の秋鮭を発見したので思わず購入しました。今まではグリルでアルミホイールの包み焼きをしていたのですが、もしかしてココットでまとめてできるのでは?と挑戦してみました。

Q.このお料理を作るにあたって役立った機能はありましたか?

A.鮭のホイル焼きは食べやすくて味のバリエーションもきくので、我が家の定番メニューです。今までは1人分をアルミホイルに包んでいたので、途中の焼け具合は見えず、できあがっていざ中を開けると、生焼けだったり焼き過ぎることがありました。今回は、ココットを使ってグリルで焼き上げました。オート機能があり、ボタンでメニューを選択するだけです。1切れが大きめの鮭を使いましたが、ふっくらジューシーに焼き上がりました。途中でココットのフタの隙間から表面の焼け具合を確認できるのも非常に便利です。4人分をまとめて作れるところも良いです。

秋鮭の包み焼き

180830_01

▼材料(4人分)
秋鮭(皮なし)…3切れ(約300g)
シメジ…1/2袋
タマネギ…1/2個
アスパラ…3本
塩・コショウ…適量
酒…大さじ1
オリーブオイル…小さじ1
バター(4等分する)…10g

▼作り方
1)シメジは石づきを取ってほぐし、タマネギはスライスする。アスパラは食べやすい長さに切る。
2)ココットプレートに鮭の切り身を並べ、酒を振りかけ、塩コショウを適量ふる。
3)タマネギとアスパラ、シメジを鮭の上にのせてオリーブオイルを回し入れ、バターは最後に置く。
4)グリルに入れてフタをし、「ココット」「オートタイマー」で12分焼き上げる。

180830_06

180830_05

180830_04

180830_03

玄米でトウモロコシご飯も同時に作りました。

180830_08

今回はガスコンロ専用の炊飯鍋でなく、圧力鍋でタイマー機能を使って炊きました。
強火⇒圧がかかったら中火でタイマー機能を使い15分⇒そのまま放置
以上でできあがりです。

180830_07

炊き上げるとき、実は途中に圧力鍋のフタが完全に閉まっておらず、いつも鳴る音がないので様子を見に行くと…
私よりずっと早くに安全装置が働き、火は消えていました。
賢い!賢いわぁ!
圧力鍋はかなり鍋底が熱くなっていたみたいで、もう一度点火し直しても火加減自動調整が働いていました。

180830_02