モニターレポート

塩麹の炊き込みご飯のレシピ★ガスコンロモニター

こんにちは、エコンロ隊のナリタです。
今回は金沢市にお住いの和多利さんのレポートです。

和多利さんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いします。

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.「まごわや☆しい」炊き込みご飯を作りました。「まごわやさしい」という言葉ご存知ですか?「ま」豆類、「ご」ごま、ナッツ類、「わ」海藻類、「や」野菜類、「さ」魚介類、「し」キノコ類、「い」イモ類を指しています。健康的な食生活の基本の食材です。今回の炊き込みご飯は「さ」を抜いているのですが、我が家の食卓は肉や魚が必ず主菜に並ぶので、食卓上は不足なしかな?味付けは塩糀のみです。それぞれの具材の味わいが際立ち、あっさり味です。だから飽きずに食べられますよ。

Q.このお料理を作るにあたって役立った機能はありましたか?

A.ガスコンロの3口の奥にある小さめのコンロ。お湯を沸かしたりご飯を炊いたりして重宝しています。炊き込みご飯は「自動炊飯器能」を活用して作ります。炊飯鍋に米と水を入れてスイッチオン!2合なら20分程+蒸らし10分。炊き込みご飯で具材が多く入る場合は30分程+蒸らし10分で炊きあがります。具材が少ないと20~30分ですが、肉や魚など大きめの具材やいっぱいの野菜があるともう少し時間がかかります。これはSiセンサーが鍋底の温度を計っているので、センサーが炊飯の適温を感知するまでの時間に差が出るのだと思います。我が家は5人家族で、白飯を毎日6合炊くのですが、炊飯ジャーには白飯、弁当用などにガスコンロの炊飯鍋を活用しています。ケチャップを入れたりターメリックを入れたご飯や、ニンニクなど香味野菜をふんだんに入れたご飯なども炊飯鍋で炊いています。たまに白飯も炊飯鍋で炊きます。ガス炊きご飯は薫り高くとても美味しく、冷めても美味しい!おにぎりにするときはあえてガス炊きにします。お米が大好きな我が家に、ガス炊きご飯はなくてはならないものになりました。

まごわや☆しい炊き込みご飯

181127_02

▼材料(4人分)
米…2合
雑穀ブレンド…30g
塩麹…大さじ2
水…450ml
刻み昆布…7g
干しシイタケ(スライス)…3g
大根…2cm
ヒラタケなどキノコ類…1/2パック
サツマイモ…1/2本
長ネギ…1/3本

▼作り方
1)米は洗って雑穀ブレンドを混ぜる。大根は厚めに皮をむいて1cm程、サツマイモは皮つきのまま1.5cm程の角切りにする。長ネギは小口切りにする。
2)炊飯鍋に水気を切った米と雑穀ブレンド、塩麹を入れて水を入れる。刻み昆布、干しシイタケ、大根、サツマイモを加えて表面をならし、「自動炊飯」モードで炊き上げる。
3)蒸らし終わったら長ネギを加えてさっと混ぜる。

▼作り方のポイント
・雑穀ブレンドを入れる場合、炊飯時の水の量は通常より50~60ml増やすと、ご飯がふっくら仕上がります。

181127_03

181127_04

181127_05

181127_01