モニターレポート

1年を振り返った感想★ガスコンロモニター中田さん

こんにちは、エコンロ隊のワタリです。
今回は津幡町にお住いの中田さんのレポートです。

中田さんには、最新ガスコンロを使って作られたお料理のご紹介と、コンロの使い勝手、おすすめポイントなどをお伺いします。

Q.今回作られたお料理のご紹介をお願いします。

A.白子のバターソテーとタラのフライを作りました。最近、白子に目覚めた長男(中2)。鍋、味噌汁以外でのご希望のため作ってみました。タラのフライは油で揚げようと思っていたのですが、時間がなくココットで作ってみました。油も飛ばず、後片付けも楽チンで、揚げるよりしつこくなく家族に大好評でした。白子のバターソテーは低温でじっくり焼きたくて温度設定機能を使いました。タラのフライはココットでオートタイマー設定機能を使用しました。

Q.ガスコンロに替えての1年の振り返りを教えてください。

A.家を建てる際に当たり前のようにオール電化をすすめられ、そのまま使用していましたが、ガスという選択をすすめてくれたガス屋さんに感謝しています。忙しい生活の中で短時間に家事ができるのは本当にありがたく、ガスコンロは同時に4点(コンロ3+グリル1)加熱しても火力が落ちることなく、使用できます。いちいち温め直す手間も省け、料理の時間はおどろくほど短くなりました。また、ココットやグリルプレートは料理の幅が広がり、かつ楽チンです。ガスコンロではお湯がまろやかで土鍋ご飯も料理も本当においしくなるので不思議です。ただ、やはりIHに慣れていたせいかコンロ近くに物を置くクセで、ヒヤッとしたことはあります。子どもたちには、「戸締り!火にはくれぐれも気をつけてね!」が口グセになりました。私も昔は言われたなぁ~と思いながら、火は危ないと幼いときから認識させることはとても大切だと思います。また、ガス衣類乾燥機も同時に入れましたが、私の今までの家電ランキング1位です。本当にいろんな人に使って欲しい!気づきにくいですが、家事の時短は本当に心に余裕が出ます。ガス・電気の良いとこどりで選んでみると良いですね。

190201_03

白子のバターソテー

190201_02

▼材料(4人分)
白子…250g
水菜…1束
薄力粉…適量
バター…40~50g
塩・コショウ…少々
ポン酢…15~20ml

▼作り方
1)ポリ袋にひと口大に切った白子、塩・コショウ、薄力粉を入れて空気を入れて優しく振り粉をまぶす。
2)150度に温度設定したフライパンにバターを溶かし(1)を入れてじっくりきつね色になるまで両面焼く。
3)表面が焼き上がったら、器に盛り、3~4㎝幅に切った水菜とポン酢をかけてできあがり。

▼作り方のポイント
・白子をソテーするときは、スプーンでバターをすくい白子にかけるようにして焼いてください。

タラのフライ

190201_01

▼材料(4人分)
真ダラ(切り身)…4切れ
パン粉…お椀半分程
薄力粉…大さじ3程度
卵(溶いておく)…1個
クレイジーソルト…適量
オリーブオイル…15~20ml
タルタルソース(好みで)…適量

▼作り方
1)タラの切身をビニール袋に入れて、クレイジーソルト、薄力粉を入れて袋に空気を入れて優しく振り粉をまぶす。粉をはらい、卵、パン粉の順に衣をつける。
2)ココットに(1)を並べ、上からオリーブオイルをかける
3)ココットのフタをして、ココットオートタイマー13分に設定して点火する。

▼作り方のポイント
・オリーブオイルはかかるところとかからないところががあってもOKです。

190201_07

190201_04

190201_05

190201_06