マイホーム発電 エコウィル

快適性と省エネ性、経済性が同居。 マイホーム発電で広がる、夢のマイホーム。

エコウィルは、クリーンな天然ガスやLPガスで発電し、
その時にでる熱でお湯を沸かせて暖房もできる
ガスコージェネレーションシステムです。

エネルギー利用率を85.5%にアップ

発電時の排熱を給湯や暖房に利用できる家庭用ガスコージェネレーションシステム「エコウィル」。エネルギー利用率は85.5%と、従来の電気供給システムに比べて2倍以上のエネルギー効率を実現しました。(数値は低位発熱量基準
※低位発熱量基準(LHV): 燃料ガスを完全に燃焼させたときの水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた発熱量

■従来システムの場合
発電所と需要地が遠く離れているため、発電時に発生する熱を利用することができません。

■エコウィルの場合
家で発電するので、発電時に発生する排熱を給湯や暖房に利用でき、エネルギーを最大限に有効活用。
エネルギー利用率は85,5%と従来方式の2倍以上を実現する省エネシステムです。

ページトップへ

22%省エネルギー、CO2排出量は32%もダウン

エコウィルのシステムは、まさに一石二鳥。ムダをできるだけ省き、エネルギーを有効的に利用することで、エネルギーを消費するときに排出するCO2も削減します。

ページトップへ

経済的で家計にやさしい

■光熱費が年間 約92,000円もおトク
自宅で発電することにより、購入電力を約35%削減。さらに発電時の排熱も効率よく給湯や暖房に活用できます。

■ご家庭の暮らしに合わせて自動で発電
学習機能を搭載しているので必要なときに、必要なエネルギーをつくりだし、各ご家庭の暮らしに合わせて発電します。

(試算条件)戸建住宅4人家族での想定
●「従来システム」の使用機器:ガス給湯暖房機、ガス温水式床暖房(LD)、ガス温水式浴室暖房乾燥機、ガスコンロ、LD以外の暖房および冷房は電気エアコンを使用/年間ガス使用量879m3 一般料金適用 購入電力量5,420kWh 従量電灯B適用 合計ランニングコスト315,200円
●「エコウィル」の使用機器:ガス発電・給湯暖房機、ガス温水式床暖房(LD)、ガス温水式浴室暖房乾燥機、ガスコンロ、LD以外の暖房および冷房は電気エアコンを使用/年間ガス使用量1,104m3 エコライフ料金適用 購入電力量3,511kWh 従量電灯B適用 合計ランニングコスト222,600円
※ガス使用量及びガス料金は都市ガス(13A)で算出したものです。※ガス料金、電気料金はそれぞれ日本海ガス、北陸電力の平成20年1月現在の基準価格(原料費、燃料費調整は含まない、消費税を含む)計算は条件により異なります。

■国の補助金対象商品
エコウィルは優れた省エネ性が認められ、「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」の一環として、エコウィルの購入者に対して国から補助制度があります。
注)補助金額については、年度ごとに異なります。年度ごとに予算枠に限りがあります。

ページトップへ

エコウィルが自ら学んで、自動で発電

各ご家庭の電気・給湯・暖房使用の多い時間帯を中心に、エコウィルは運転を行います。それにより、電力(1kWh)や熱(2.8kWh)をムダなく使うことで、高い省エネルギー性・経済性を実現します。
また、最も省エネとなる時間に、自動的に発電を行う学習機能を搭載。
必要なときに、必要なだけエネルギーをつくりだし、使わないときにはつくらない。
つまり知らない間に省エネが促進されているというわけです。

■1日の発電と排熱利用パターン

ページトップへ