お知らせ

塩糀の出汁巻き卵★塩麹レシピ

こんにちは、小紺有花です。

我が家では卵はいつもストックしてあります。

買い物に行けなかった時やとっさの時にとっても役立つ優れものです。

卵はある程度保存がきき、手軽な中にもちょっとした華やぎを加えられるので、重宝します。

さらに麹のうまみをプラスして、美味しさと栄養価をレベルアップさせましょう。

庶民的な食材に、たちまちスペシャルなムードが漂ってきますよ。

そこで、今回はシンプルに仕上げた一品、「塩糀の出汁巻き卵」をご紹介致します。

卵は塩糀と特に相性の良い食材のひとつです。

卵のまろやかさを引き立ててくれるから、卵料理がまったり、こっくりとした味に仕上がります。

塩糀の威力を存分に体感して頂けると思います。

出汁巻き卵をきれいに焼き上げるのはちょっと難しいですよね。

そこで、簡単にプロっぽい仕上がりになるコツをお教えします!

卵を巻き込むときはフライ返しを使いましょう。

焼き上がったあとは寿司用の巻きすに巻いて形を整えましょう。

フライ返しを使えば、きれいに巻き込む事ができ、多少いびつに焼き上がっても、巻きすで仕上げれば多少のアラは隠せますよ!

これであなたも出し巻き卵名人!?

01_b

塩糀の出汁巻き卵

▼材料(作りやすい分量)
卵...2個
だし汁...大さじ2
塩糀...小さじ2
しょうゆ...小さじ1/4
なたね油...適量

▼作り方
1)卵に出汁と塩糀としょうゆを加えて良く混ぜ合わせる。
2)卵焼き器を火にかける。煙が出てくるまで温まったら弱火にしてなたね油を少し多めに加える。卵焼き器に油をなじませてから余分な油を小皿にあける。
3)火加減を弱火にして、(1)の卵液を1/4ほど注いで薄く広げる。卵が半熟になったら、奥の方から卵をフライ返しで手前に巻きよせる。キッチンペーパーを折り畳んだ物に(2)の小皿にあけた油を吸わせて箸でつまみ、卵焼き器の空いているところに油をうすく塗り広げる。
4)手前に巻いた卵焼きを奥に移動させ、再度卵液を注ぎ入れ、(3)の行程を卵液がなくなるまで繰り返す。
5)全ての卵液を焼き終えたら、巻きすに包んで丸く形を整え、粗熱がとれて形が落ち着くまで置いておく。

▼作り方のポイント
ガスコンロの「あぶり高温炒め」をONにしてから弱火にすると、卵焼き器をコンロから離しても途中で火が消える事なくスムーズに調理出来ます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村