お知らせ

豚肉団子と蒸しキャベツのスープ仕立て

こんにちは、小紺有花です。

今回は、ゴロゴロ大きい豚肉団子をスープ仕立てにしたボリューム感満点のおかずをご紹介。

でも、そこは「ヘルシー」と「おいしい」の両立が醍醐味の、麹料理ならではの工夫を盛り込んでいます。

豚の挽肉はもちろん塩糀で味を整え、旨味を引き出して、食感も柔らかく消化しやすい状態にしておきます。

しかも肉団子の中に豆腐を包み込んでヘルシー度をアップ。

その豆腐も塩麹で下味をつけて寝かしておくから、旨味が増して、淡白になりすぎず、さっぱりとした中にも食べ応えのあるコクが生まれます。

スープの具材には豚肉と相性の良いキャベツの塩糀蒸しを添えましょう。

千切りキャベツを塩糀で蒸せば自然な甘味が際立ちます。

このキャベツの塩麹蒸しは肉料理の付け合わせはもちろん、オムレツやサンドイッチの具材など、色々と使い回しができてとっても便利。

ぜひ、まとめて作って常備菜として役立ててください。

01

豚肉団子と蒸しキャベツのスープ仕立て

▼材料(4人分・豚団子8個分)
キャベツ(千切り)...1/2玉(500g)
塩麹...大さじ2
ローリエ...1枚
黒コショウ...少々
米酢...大さじ1と1/2
<A>
堅豆腐...150g
塩麹...大さじ1と1/2
<B>
豚ひき肉...350g
塩麹...大さじ2
ジンジャーパウダー...小さじ1/8
ナツメグパウダー...3振り
コショウ...少々
ゴマ油...小さじ1と1/2
<C>
長ネギ(斜め切り)...120g
塩麹(スープ用)...大さじ2
ショウガ(スライス)...4~5枚
ニンニク(軽く潰す)...1片

▼作り方
1)キャベツの塩糀蒸しを作る。鍋にキャベツ、塩糀、ローリエ、水大さじ2(分量外)を入れてフタをして中火にかける。湯気が出てきたら弱火にしてキャベツが柔らかくなるまで蒸し煮する。
2)(1)に黒コショウと酢を加えて良く混ぜ合わせ、火を止める。食べる直前にもう一度火にかけて温める。
3)豚団子を作る。<A>の堅豆腐に塩麹をまぶして冷蔵庫で2~3日寝かせ、8等分にさいの目に切る。
4)<B>を全て合わせて、挽肉を練り混ぜる。8等分して(3)の堅豆腐をひと切れ真ん中に包み込み団子にする。残り7つも同様に団子を作る。
5)鍋に水を800cc(分量外)と<C>の材料入れて火にかける。沸騰したら弱火にして(4)の団子を加える。沸騰させないように低めの温度で静かに加熱して、肉団子に火を通す。
6)器に温かいキャベツの塩糀蒸しを盛りつけ、肉団子とその茹で汁を注ぎ入れる。

▼作り方のポイント
肉団子を茹でるときの長ネギは具として皿に盛りつけますが、ショウガとニンニクは取り除きます。
手順(3)の豆腐は数日寝かせたほうが豆腐の旨味が増します。
手順(5)の肉団子に低温で火を通すときは、ガスコンロの「湯沸かし保温モード」を使うと便利です。
手順(1)~(2)で作ったキャベツの塩糀蒸しは冷蔵庫で3~4日保存可能です。

02_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 石川県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村