お知らせ

豚ロース肉のいしる麹炒め

こんにちは、小紺有花です。

先日ご紹介した、「いしる麹」を使ったレシピです。

いしる麹を肉や魚の下味に使うととても美味しくなります。
でも、ちょっと独特の風味が気になる・・・という場合には、レモンを加えるのがオススメ!
レモンと魚醤は相性抜群です。
レモンの酸味と香りのおかげで、魚醤独特の風味は全く分からなくなり、うま味だけが効果的に働き料理を美味しくしてくれます。

 

130719_01.jpg豚ロース肉のいしる麹炒め

▼材料(4人分)
豚ロース肉ステーキ用...4枚
いしる麹...豚ロース肉の重さの10%
レモン汁...大さじ2
ニンニク(粗みじん切り)...2片
干しエビ(無着色)...大さじ1
ブロッコリー...1房
黒コショウ...少々
ゴマ油...大さじ1

▼作り方
1)豚ロース肉は2㎝幅の短冊切りにし、いしる糀とレモン汁を和えて冷蔵庫で1~2時間寝かせておく。
2)ブロッコリーは大まかに房を切り分ける。芯は皮を剥いて縦半分に切る。鍋に入れて、水を1㎝深さまで注ぎ、フタをして中火で3分ほど蒸し煮する。蒸し上がったらザルに取り、粗熱がとれたら食べやすい大きさに切り分ける。
3)フライパンにゴマ油とニンニクを入れて中火にかける。ニンニクが香って来たら干しエビを加える。干しエビが軽く色づいて来たら(1)の豚ロース肉を加えて炒める。豚肉に火が通ったら(2)のブロッコリーを加えて手早く炒め合わせる。仕上げに黒コショウをふる。

▼作り方のポイント
塩加減が足りないと感じたら、炒める時にいしる糀を小さじ1ほど加えると良い。

130719_02.jpg