お知らせ

鶏もも肉の野菜巻き★塩麹レシピ

こんにちは、小紺有花です。
今回は、夏野菜と鶏肉を使ったレシピのご紹介です。
塩麹で味付けした鶏もも肉に、好きな野菜を巻き込んで、フライパンで香ばしく焼くだけ。
簡単だけど、豪華に見えるお得メニューです!
「肉の下味に塩麹」はもはや定番中の定番ですが、何だかマンネリ気味...。
でも、色鮮やかな野菜を巻き込むだけで、目先の変わったオシャレなお料理に大変身です。
野菜も無理なくとれて大満足ですね!
塩麹をまぶした肉をフライパンで焼くと焦げやすい...。とお悩みの方が多いようですが、フタをして弱火で蒸し焼きにすれば大丈夫ですよ。
今回は中に巻く野菜は、アスパラガスとパプリカを使いましたが、季節ごとにお好みの野菜に自由に置き換えてください。
生で食べるには固い野菜はあらかじめ下茹でしておくことをお忘れなく!

130819_01.jpg鶏もも肉の野菜巻き

▼材料(4人分)
鶏もも肉...2枚
塩麹...鶏肉の重さの10%
ニンニク(すりおろし)...1~2片
アスパラガス...4本
パプリカ(5㎜幅の千切り)...1個
オリーブオイル...適量
凧糸...適量
<付け合わせ&トッピング>
スプラウト...適量
ブロッコリー...適量
アスパラガス...適量
黒コショウ...適量

▼作り方
1)鶏もも肉に塩麹とニンニクをもみこみ、冷蔵庫で数時間寝かせておく。
2)アスパラガスは茎の下の固い部分を切り落とし、沸騰した湯で約1分下茹でしておく。
3)(1)の鶏もも肉を冷蔵庫から取り出す。皮を下にして台の上に置き、肉の上にアスパラガス2本とパプリカの千切りを3~4本乗せる。端から肉を巻き込み、アスパラガスとパプリカを包み込む。凧糸でしばる。もう1枚の鶏もも肉も同様に野菜を包む。
4)フライパンを熱し、オリーブオイルを薄くひく。(3)の肉を置き、フタをして弱火で焼く。表面にまんべんなく焼き色がつくように時々肉を転がしながら15~20分ほどかけて火を通す。
5)焼き上がったら皿に取り、粗熱がとれるまでしばらく置いて落ち着かせる。凧糸を外し、約2㎝厚にスライスし、皿に盛る。付け合わせの野菜を彩りよく盛りつけ、黒コショウをふりかける。

▼ポイント
中に巻く野菜はニンジン、ゴボウ、キャベツ、ブロッコリー、大根などお好みで。
130819_02.jpg