お知らせ

きのこのパエリア★塩麹レシピ

こんにちは、小紺有花です。
今回はお米をテーマに糀料理をご紹介します。
スペイン料理でお馴染みのパエリアを作ってみましょう。

魚介や肉をふんだんに使った豪華料理のイメージが強いですが、野菜やお豆だけで作っても楽しめますよ。
通常、パエリアは米を洗わず、浸水もさせずに炊き込みますが、私はどうもその方法と仕上がりの食感になじめません。
やはり米を研いで、少し浸水させてから調理する方が、ふっくら炊き上がり、日本のお米と日本人の味覚には合うような気がします。
その方が米の風味も引き立って美味しいと思うのです。
日本の炊飯方法は米の持ち味を活かす、とても洗練された方法だと感じています。
秋らしい食材「きのこ」をダイナミックに炊き込んだ今回のパエリアは、肉も魚も使っていないので、あっさりといただくことができ、どんなおかずにもマッチします。
あまったらオムライスにして、翌日のお弁当やランチに最適ですよ。

131029_01.jpgきのこのパエリア

▼材料(4人分)
米...2合
緑レンズ豆...大さじ2
マイタケ(ほぐす)...60g
ヒラタケ(ほぐす)...60g
タマネギ(みじん切り)...70g
トマトジュース(食塩無添加)...300cc
水...100cc
塩麹...大さじ2
オリーブオイル...大さじ1

▼作り方
1)米と緑レンズ豆を合わせて研ぎ、30分~1時間ほど浸水させておく。ザルに上げて水気を切っておく。
2)鍋にオリーブオイルを熱し、タマネギを中火で炒める。タマネギが透き通ってきたら、トマトジュース、水、塩麹を加えて煮立てる。沸騰したら(1)の米と緑レンズ豆を加え、ひと混ぜする。マイタケとヒラタケを手早く表面に散らし、フタをして強火で炊く。沸騰して鍋がカタカタ揺れて来たら弱火にし、約8~9分炊く。火を止め約10分蒸らす。
3)鍋ごと食卓に置き、皿に取り分ける。

▼作り方のポイント
きのこは他にシイタケやしめじ、エノキなどお好みのものを使っても良い。
トウモロコシやニンジン、レンコンなどお好みの野菜をプラスしても美味しいです。

131029_02.jpg 131029_03.jpg