お知らせ

豚ロースのレモンソテー★塩麹と甘酒のレシピ

こんにちは、小紺有花です。
これからどんどんじめじめと暑くなって来る季節。
蒸し暑いからといって、冷たいものばかりを胃袋に入れていては、内臓が冷えて体力が落ちてしまい、夏本番に備える事ができません。
梅雨時の養生が夏バテ予防にとても大切です。
しっかり栄養も取れてさっぱりと食べられる温かいお料理を心がけましょう。
レモンはその酸味と香りが涼感をさそい、身体にこもった熱を程よく取ってくれるので、これからの季節ぜひご活用ください。
塩麹で肉を下漬けすることで、お肉が消化しやすくなります。
レモンの皮を利用することで彩りにもなり、料理の味をぐぐっと引き上げてくれます。
とてもオシャレに見えるので、家族の評判も上がる事間違いなし!
見た目は洋風ですが、ご飯にもばっちり合います。
やはり麹は日本の味覚なのです。

140521_01.jpg

豚ロースのレモンソテー

▼材料(4人分)
豚ロースステーキ用...4枚
塩麹...豚肉の重さの10%
ニンニク(すりおろし)...1片
レモンの皮(千切り)...1個分
舞茸 100g
アスパラガス(塩茹で)...8本
オリーブオイル...適量
<A>
甘酒...大さじ4
純米酒...大さじ4
塩麹...小さじ2
レモン果汁(生絞り)...大さじ1と1/2

▼作り方
1)豚肉に塩麹とニンニクをすり込んで1~2時間ほど冷蔵庫で寝かせておく。
2)フライパンを熱してオリーブオイルを薄く広げる。(1)の肉を並べて表面にレモンの皮を散らす。フライパンの隙間に舞茸を置く。フタをして弱めの中火で肉に火が通るまで蒸し焼きにする(途中でひっくり返さない)。
3)肉に火が通ったら、肉と舞茸を皿に取り出す。フライパンに残った肉汁に<A>を加えて煮詰めてソースにする。
4)焼けた豚肉を食べやすい大きさに切って皿に盛り、ソースをかける。付け合わせに舞茸とアスパラガスを添える。

140521_02.jpg