お知らせ

牛すねのビール煮込み★塩麹レシピ

こんにちは、小紺有花です。
ひんやりした風を肌に感じ、秋の香りがそこはかとなく漂ってきたら、温かい煮込み料理が恋しくなってきます。
夏の名残のビールが家に残っていたら、肉の煮込みを作ってみましょう。
ビールを使うとお肉が柔らかく仕上がりますし、とても奥深いコクが産まれます。
使うお肉は何でも良いですが、今回は牛のすね肉を使いました。
牛肉はちょっと贅沢な食材ですが、すね肉なら値段も手頃だし、何と言っても煮込み料理に最適です!
材料を鍋に入れて火にかけて、塩麹で味付けをして仕上げに醤油を香らすだけ。
難しいことは一切無用です。
火と時間と麹がオートマチックに料理を美味しくしてくれます。
大鍋にどーんと作れるように分量も多めになっています。
一度に食べきれなくても、冷蔵庫に保存して寝かすとさらに味が深まり美味しくなるので、翌日以降の楽しみがありますし、忙しい時や出かける時の作り置きにも便利です。
夏に冷たいものばかりを食べて冷えた身体を、あったかメニューで優しく温めて、冬に備えていきましょう。

牛すねのビール煮込み

▼材料(6~8人分)
タマネギ(粗みじん切り)...680g
ニンニク(粗みじん切り)...2片
トマト(粗みじん切り)...950g
セロリ(粗みじん切り)...100g
ニンジン(薄いいちょう切り)...60g
牛すね肉(大きめの一口大)...750g
塩麹...90ml
ビール...350ml
しょうゆ...小さじ1
パルメザンチーズ...適量

▼作り方
1)ニンニク、タマネギ、トマト、セロリ、ニンジン、牛すね肉を鍋に重ね入れ、塩麹とビールを加えてフタをして中火にかける。沸騰したら弱火にして、時々アクを取りながら、牛すね肉が柔らかくなるまで40分~1時間ほどコトコト煮込む。
2)仕上げにしょうゆを加えて火を止める。味がなじむまでしばらく寝かせておく(1~3時間ほど)。食べる直前に温め直し、皿に盛ってから好みでパルメザンチーズをふりかける。