お知らせ

こんかいわしのアラビアータのレシピ

こんにちは、小紺有花です。
「こんかいわし」は石川が誇る伝統的な発酵食です。
イワシを塩漬けにしたあと、糠と糀を混ぜた床に漬けて約2年かけて発酵させます。
冷蔵庫などがない時代には、不漁のときや冬のタンパク源としてとても重宝されました。
現代においてはその塩辛さと独特の風味が敬遠され、食卓からどんどん遠ざかっています。
しかし、その塩辛さを調味料として活用すれば美味しくお料理に活かすことができますよ。
こんかいわしは西洋の「アンチョビ」に味や香りが良く似ていますから、イタリアンやフレンチなどへのアレンジが簡単です。
こんかいわしには独特の風味があり、それが苦手な方も多いかもしれません。
でも、今回はその味のクセをマスキングするいくつかのポイントを盛り込んであります。
まず、トマトジュースとレモン。
これらの爽やかな香りや酸味がこんかいわしのクセを和らげてくれます。
さらに、ニンニクの風味も全体の旨味を引き立てるとともにクセを和らげます。
そして仕上げのオリーブオイルが全体をまろやかにして味をまとめあげてくれます。
このパスタソースは、ピザやグラタンなどにも応用できますから、まとめて作って冷凍しておけば便利ですね。

こんかいわしのアラビアータ

▼材料(4人分)
スパゲッティ...400g
トマトジュース(食塩無添加)...400ml
ニンニク(みじん切り)...2片
こんかいわし(みじん切り)...30g
赤唐辛子(輪切り)...1本
E.V.オリーブオイル...大さじ4
レモンの皮(すりおろし)...1個分
黒コショウ...少々
粗塩...大さじ1

▼作り方
1)鍋にたっぷりの湯を沸かし、粗塩を入れてスパゲッティをゆでる(ゆで時間は袋の表示時間より1分短くする)。
2)スパゲッティをゆで始めたらソース作りに取りかかる。フライパンにE.V.オリーブオイルの半量、ニンニク、こんかいわし、赤唐辛子を入れて弱火にかける。ニンニクが軽く色づいてきたら、トマトジュースを加えて煮詰める。
3)スパゲッティがゆであったら水気を切って(2)に加える。強火にしてソースをスパゲッティにからめる。仕上げに残りのE.V.オリーブオイルを加え、黒コショウをふる。

▼作り方のポイント
ソースが煮詰まりすぎてスパゲッティにからみにくかったら、スパゲッティのゆで汁をお玉1杯分加えると良いです。