お知らせ

大根と鶏手羽の塩麹煮込みのレシピ

こんにちは、小紺有花です。
大根の美味しい季節到来ですね。
食感はきめ細かく柔らかになり、甘味も増して、店頭での値段も下がってきました。
これからどんどん食卓に上がる回数が増えることでしょう。
コトコト煮込んでトロトロとろけるように柔らかくなった大根を頬張ると、しみじみと心和んで身も心も温まりますよね。
地味な和食になりがちな大根料理ですが、ちょっとした工夫でごちそう感が出て華やかな雰囲気を演出できます。
ポイントは塩味にして大根の白さを活かすこと。
そして、お肉を組み合わせてしっかりとした旨味を染込ませること。
もちろん塩味には塩麹を使います。
ただの塩を使うよりお肉の旨味も大根の甘味もより引き立ちます。
お肉は煮込みにむいた物ならお好みの物を何でも使えますが、今回は鶏の手羽元を使いました。
骨付きだとより旨味がにじみでますし、値段が手頃で入手しやすいのもポイントです。
そして塩麹を使ったからしソースを添えていただきます。
塩味だけだと淡白で物足りなさを感じる方もピリリと辛いからしソースをつけながら食べれば、パンチの効いた味を楽しむことができます。
普通にからしを添えるとおでんになってしまいますが、ちょっとひと手間加えてソースに仕立てる事でポトフっぽいオシャレ感が出てきます。
今回は彩りにニンジンと長ネギを組み合わせましたが、お好みでタマネギやジャガイモ、プロッコリーなど様々な野菜を組み合わせるとより華やいでボリュームのある一品になります。
安価な材料でごちそうになる、懐も身体も温まるお助けレシピです☆

大根と鶏手羽の塩麹煮込み

▼材料(2~4人分)
鶏手羽元...8本
塩麹...大さじ4
ニンニク(すりおろし)...1片
ショウガ(すりおろし)...小さじ1
大根(乱切り)...400g
ニンジン(4等分)...1本
ベイリーフ...2枚
長ネギ(ぶつ切り)...1本
水...500cc
粗挽き黒コショウ...適量
<からしソース>
塩麹...大さじ2
粉からし...小さじ1
ニンニク(すりおろし)...小さじ1/4
いしる...小さじ1/2
純米酢...小さじ1
豆乳...小さじ2
E.V.オリーブオイル...大さじ1と1/2
長ネギ(みじん切り)...大さじ1

▼作り方
1)鶏手羽元に塩麹、ニンニク、ショウガをまぶして1~2時間置いておく。
2)鍋に大根、ニンジン、ベイリーフを入れ、その上に(1)を乗せる。水を注ぎフタをして中火にかける。沸騰したら弱火にして大根が柔らかくなるまで煮込む。
3)大根が柔らかくなったら長ネギ(ぶつ切り)を加えてさらに10分ほど煮込む。火を止めてしばらく置いて味をなじませておく。
4)<からしソース>を作る。すり鉢に塩麹と粉からし、ニンニクを入れてよくすり混ぜる。いしる、純米酢、豆乳、E.V.オリーブオイルを加えてよくすり混ぜ滑らかにする。最後に長ネギ(みじん切り)を加え混ぜ合わせる。
5)食べる直前に(3)を温め直し、皿に盛って黒コショウをふる。(4)のソースを添える。野菜や鶏肉にソースをつけながらいただく。

▼作り方のポイント
からしソースは出来立てよりもしばらく冷蔵庫で寝かせたほうが辛味が出ます。