お知らせ

甘酒ごまダレの焼きおにぎりのレシピ★甘酒レシピ

こんにちは、小紺有花です。
育ち盛りの子供がいると、子供の食欲に追われる日々が続きます。
いかにして手早く、安価で、安心な、栄養のある、お腹にたまるおやつを用意するかに頭を悩ませます。
悩んだ末にたいてい「おにぎり」に行き着くというマンネリ。
でも、「おにぎり」って本当はすごいんです!
冷めても美味しいし、海苔や具材からビタミンやミネラルなどを摂ることができます。
さらに、低脂肪、ヘルシーで腹持ちが良く、整腸作用もあります。
私はしょっちゅう子供のおやつやお弁当に「おにぎり」を握ります。
子供も飽きずに喜んで食べてくれます。
日本人のソウルフード「おにぎり」はいつ食べてもどれだけ食べても美味しくてうれしい不思議な魅力に溢れていると感じます。
コンビニやスーパーで買って来るのではなく、ぜひお母さんが手で握ったものを用意してあげましょう。
作り手の愛情やぬくもりがこもった手作りのおにぎりには、食べる人の心を落ち着かせて、癒してくれるパワーがあるのです。
時間や手間をかけられなくて、子供のお弁当もコンビニやスーパーに頼る方が多いですが、おにぎりを握るだけで十分だと思うのです。
彩り良くおかずの詰まった市販のお弁当よりも、手作りおにぎりの方が数倍、心と身体の栄養になります。
海苔巻きおにぎりが定番ですが、時々趣向を変えて焼きおにぎりを作ると、なおいっそう子供が喜びます。
甘酒としょうゆで作った甘辛いタレをたっぷり塗って焼けば、香ばしさとうま味とコクがお口中に広がり、幸せな心地になります。
甘酒にはアミノ酸やビタミンBが豊富に含まれ、免疫力強化に役立ちます。
黒ゴマには鉄分が多く含まれ、抗酸化作用や肝機能改善・便秘解消効果などもあると言われているので、子供だけでなく、大人にも嬉しい一品です。お酒のおつまみにもなりますよ。
焼きおにぎりはちょっとめんどくさい印象があるかもしれませんが、グリルを使えば簡単にカリッと香ばしく焼きあげられてとても便利です。
熱々はもちろん、冷めても美味しいので、おやつにお弁当におつまみにお楽しみください!

甘酒ごまダレの焼きおにぎり

▼材料(5個分)
炊いたご飯...450g
ゴマ油...適量
粗塩...適量
<甘酒ゴマダレ>
甘酒...大さじ5
しょうゆ...大さじ2
黒すりゴマ...大さじ4

▼作り方
1)<甘酒ゴマダレ>の材料を鍋に入れ、中火にかける。スプーンなどでかき混ぜながら2~3分加熱して煮詰める。
2)ご飯を5等分にして、手を水で濡らし、粗塩を少しすり込んだ手でご飯を円盤型のおにぎりにする。おにぎりの表面にゴマ油を薄く塗り付ける。
3)グリルの網の上にアルミホイルを敷き、その上におにぎりを並べて強火で10分ほど焼く。
4)おにぎりの表裏をひっくり返し、表面に<甘酒ゴマダレ>をたっぷり塗る。再度グリルの強火で3分ほど焼く。