お知らせ

鶏蒸しローフとエリンギの塩麹和え

こんにちは、小紺有花です。
餃子、春巻き、巻き寿司、ロールキャベツなどなど。
古今東西「包む」料理はなんだかちょっとうれしいごちそうメニュー。
ちょっとだけ手が込んでいて、皮と中身の味や食感のコントラストなど、表情豊かな楽しいお料理ばかりです。
なんてことない当たり前の材料で作っても「包む」要素が入るだけで特別感が演出できるので、おもてなしやパーティーにも大活躍です。
季節の白菜に鶏肉と豆腐の餡をくるくるっと包んで蒸したら、ふわっとジューシーな仕上がりに!
餡の中に混ぜ込んだパプリカやインゲンが彩り良く、切り口が華やかになります。
餡の味付けには塩糀を使います。
鶏肉と豆腐の旨味が増して、蒸すと甘みが際立ちます。
ローフの優しい味わいのアクセントにニンジンとレモンのフレッシュな酸味が利いたドレッシングソースを添えて。
付け合わせのエリンギの塩麹和えもとっても簡単で、我が家ではお弁当のおかずなどにも重宝しています。
これからの宴会シーズン、ちょっとおしゃれに盛りつけてホームパーティーなどでご活用ください!

鶏蒸しローフとエリンギの塩麹和え

▼材料(4~5人分)
白菜(柔らかい部分)...8~10枚
<A>
鶏もも挽肉...200g
塩麹...25g
<B>
木綿豆腐...100g
塩麹...10g
<C>
ニンニク(すりおろし)...1片
コショウ...少々
車麩(すりおろし)...10g
<D>
パプリカ(粗みじん切り)...30g
インゲン(蒸してから小口切り)...25g
<ソース用>
ニンジン(すりおろし)...30g
塩麹...大さじ2
レモン生果汁...大さじ1と1/2
E.V.オリーブオイル...大さじ1
トマトジュース(食塩無添加)...大さじ2
ニンニク(すりおろし)...少々
粗挽き黒コショウ...少々

▼作り方
1)<A>を混ぜて冷蔵庫で5~6時間寝かせておく。
2)<B>の豆腐をひと口大にちぎり、塩麹を混ぜて冷蔵庫で5~6時間寝かせておく。水分が出てくるので軽く切っておく。
3)(1)と(2)と<C>を合わせて手でよく練り混ぜる。粘りが出たら<D>を加えて混ぜ合わせる。
4)白菜をよく蒸気のあがった蒸し器で4~5分蒸す。白菜の葉を2枚重ねてその上に(3)を適量乗せて広げる。手前の端から巻いて筒状に形を調える。これを(3)の生地がなくなるまで繰り返す。
5)よく蒸気のあがった蒸し器に(4)を並べてフタをして約12分蒸しあげる。
6)<ソース用>の材料を全て混ぜ合わせてソースを作る。
7)ソースを皿にひき、食べやすい大きさに切った(5)を並べる。

エリンギの塩糀和え

▼材料
エリンギ 200g
<A>
塩麹...大さじ1
ニンニク(すりおろし)...少々
E.V.オリーブオイル...小さじ2

▼作り方
1)グリルにエリンギを丸ごと入れて点火する。強火で約5分あぶる。
2)(1)の粗熱がとれたら手でさいて<A>を加えてよく和える。